埼玉県川口市にある学校法人安養学園西川口幼稚園の教育目標は仏教情操教育をふまえての知・情・体三位一体の総合的全人教育です

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

西川口幼稚園

お電話でのお問い合わせ 048-251-3076

埼玉県川口市西川口3-34-5 

本文のエリアです。

お知らせ

よくある質問Q&A その4

Q、園では、プリント教材を使って指導されていると聞きましたが、なんだか子どもがテストをされているようで気掛かりです。いったいプリント教材というのは、どのような意味があるのでしょうか。

 

A、まずわが園のプリント教材は、幼児の発達段階に見合った内容を検討し、編集されたオリジナルの教材であるということをご承知おきください。

 ですから、おたずねのように、子どもの能力をテストするというような意図は全くないどころか、幼児にとっては、彼らの知的好奇心を充たしてくれる大好きな遊びなのです。

 わが園では、日ごろ日課の活動などを通して、たくさんの感覚刺激を受けながら、脳神経の感覚回路の強化、活性化につなげていくという独自の教育方法をとっていますが、ここで獲得した基礎能力は、彼らの知的好奇心をいやがうえにも高めていきます。いわゆる学習意欲です。

 例えば日課のフラッシュカードなどでことばやもじについて、興味、関心が高まり、言語や文字に対する感覚が養われていきますと、文字言語活動、つまりもじの読み、書きにも新鮮な学習意欲をもつようになります。

 いままでの経験では、漠然と読めていたもじを、そのもじを使って遊ぶという、高いレベルの遊びの経験を通して、一人ひとりの幼児が正確に自分の知識として活用することができるという感動をおぼえます。カード遊びやプリント教材がそれにあたります。

 私たちは日課の活動が、脳回線の機能化を目的とするのに対して、このような課題に取り組む活動のねらいを、脳回線の実用化といっています。

 もちろん、発達段階を踏まえての遊びの内容になっていますから、少し努力すれば、どの子にもできる、つまり満点マルがもらえるという達成感が楽しめます。「少し努力」の中で、思考力や想像力、推理力、表現力などを高めるねらいもあります。

 プリント教材は「ことば」「かず」「ちえ」の3種類あり、迷路やしりとりなど、子どもたちが楽しく取り組めるものを、日課活動にひきつづいて行います。したがってプリントは、子どもにとっては日課の活動そのものであり、たいへん意欲的にこの活動に取り組んでくれています。

 決してプリントでなにかを指導しようという保育者の構えからの発想ではなくて「お腹がすいたからご飯を食べる」のと、同じ感覚で、プリント教材は彼らの学習意欲が求めるあたまの栄養なのです。そうです、ねらいは彼らの学習意欲の高揚です。学ぶ楽しさの体験です。目と手の協応作業です。いよいよあたまのよい子が育ちます。

 将来、はや年長組ともなれば読書や作文が楽しめるようになるという一連の知的創造教育なのです。

 また保育者の側からすれば一人ひとりの幼児の発達、興味や関心を確かめることができる格好のコミュニケーションの機会でもあるわけです。

 プリント教材のもつ意味はたいへん奥深いことが、おわかりいただけたでしょうか。

ページトップへ戻る